家族の声

ホステル&カフェバー バックパッカーズ宮島で働く家族の声をご紹介します。
出身地も年齢も育った環境も違う「人」が集まり「家族」として一緒に働いてます。

Family Interview

稲田 沙稀

Saki Inada

[ 2016年6月入社 ]

穏やかでほっこりする雰囲気の
五女は現役大学生です。
五女が集まる場所には、
柔らかい空気感があり、
家族の平和を作り出す存在です。

入社した決め手や動機は何ですか?

四女 加奈(幼馴染)からの紹介がきっかけです。以前、一度パーティーに参加したことがあり、バックパッカーズ宮島の雰囲気がとても好きでした。そのときからこんな素晴らしい場所で働いている加奈を羨ましく思っていました(笑)そしたらなんと1年後!加奈からバックパッカーズ宮島で働かないかと誘われ、驚き。誘われてその日に、働く!と返事をしました。誘ってくれた加奈と、私を仲間に入れてくれた家族全員に感謝しています。

仕事を通じて成長したと感じるところは?

コミュニケーション能力です。英語がうまくしゃべれなくて、私がジェスチャーや片言の英語で必死に伝えようとしていると、真剣に聞いてくれたり、笑ってくれます。働き始めた当初は緊張していましたが、会話の楽しさ、面白さや、英語力が十分じゃなくても伝えようとする心だ!と分かってからは、自分から話しかけれるようになりました。

仕事で忘れられない思い出は?

ゲストの方とスタッフ約10人でカラオケに行ったことです。海外の方とカラオケに行く機会は今までなかったので、違った雰囲気を味わうことができました!また、カラオケに行ったゲストさんとFacebookで友達になり、またカラオケに行きたい!とメッセージをくれたことはとても嬉しかったです!

職場の雰囲気はどうでしょうか?

とても言葉では表しきれない、独特な雰囲気です(笑)年齢も性格も趣味もバラバラです。ですが、その個性を存分に出せる、バックパッカーズ宮島の雰囲気。それが1番の魅力ではないでしょうか。スタッフの仲の良さは他のどの職場にも負ける気がしませんね!私はバックパッカーズ宮島で働けてなんて幸せ者なんだろう。

あなたにとって、バックパッカーズ宮島とは

家族が集まるリビングです。そして、未熟な自分を成長させてくれる場所です。学校では教えてくれないことを、社長や専務、先輩スタッフから、またゲストさんから日々教わっています。

これからホステル(ゲストハウス)で働きたい方へ一言

人と話すことが好きな人、英語を学びたい人、友達を作りたい人、人として成長したい人、そんな方におすすめします!バックパッカーズ宮島には仕事への熱意とお笑いのセンスを兼ね備えたスタッフばかりです!笑 素晴らしい場所ですよ!

  • back
  • 採用情報
  • 家族紹介