家族の声

ホステル&カフェバー バックパッカーズ宮島で働く家族の声をご紹介します。
出身地も年齢も育った環境も違う「人」が集まり「家族」として一緒に働いてます。

Family Interview

四女

齊藤敬子

Keiko Saito

[ 2017年9月入社 ]

 

入社した決め手や動機は何ですか?

たまたま旅の途中で宿泊した事がはじめの出会いでした。滞在した3日間で触れ合ったスタッフの温かさとゆっくり流れる宮島の空気。フレンドリーな旅行者と花火大会の活気、忘れられないぐらい素晴らしい時間でした。その後1週間も待てずに車に荷物を乗せ12時間かけて広島に戻ってきました。それぐらいバックパッカーズ宮島に魅力を感じたからです。

仕事を通じて成長したと感じるところは?

まだまだ成長した自信はついていないのが正直なところです・・。でも素晴らしい周りのサポートがあるので、これからいろんな事に挑戦し成長していきたいと思います!!!!!!

仕事で忘れられない思い出は?

全部です!その瞬間にいたゲスト、スタッフ、笑ったこと、失敗したこと、泣いたこと、挑戦したこと。毎日が新しい出会いで、すべてが忘れられない思い出です。これからも沢山の思い出を作っていきたいです。

職場の雰囲気はどうでしょうか?

本当に心地のよい雰囲気で、休みの日でもバックパッカーズにいるぐらいです。バックパッカーズの扉を開けて入った瞬間、「おかえり」とスタッフ、ゲスト問わず迎えてくれる、そんな温かい場所です。スタッフみんながゲストにとって居心地の良い空間にしたいと思っているからこそ自然と流れるアットホームな雰囲気があるんだと思います。

あなたにとって、バックパッカーズ宮島とは

職場でありながら家族のようにとても温かく、それでいて自分が自分らしくいられる場所です。決まった接客のマニュアルはありません。それぞれがゲストにどれだけ楽しんでもらえるかを純粋に考え実践できる場所です。ここに来てこの仕事に本当にやりがいを感じています。

これからホステル(ゲストハウス)で働きたい方へ一言

一緒にゲストの最高の思い出の一つを作りませんか?バックパッカーズ宮島にまた帰ってきたくなる、そんな場所を一緒に作りませんか?ぜひ一緒に働きましょう!!

  • back
  • 採用情報
  • 家族紹介